レコードの価格と価値

高いな~(^_^;)と オークションそして中古レコード屋のジャズ オリジナル盤など見ると ため息を漏らしてしまう…。

もちろんすべてのオリジナルが高いわけでもないのだが 昨今のデフレ(今は多少インフレ傾向に進んでいる?)の中でマニアしか 買わないであろう大昔のレコードが何故こんなに高いのか!

1960年頃のLPレコードの価格は確か1800円から2000円ぐらいで それから10年後(1970年代、昭和45年頃)は2300円ぐらいだと思った。
当時はレコードは高価なもので おいそれと買えない価格という事だが それは物価の推移で判別できる。
1960年頃から現在、 50年ぐらい経つが 消費者物価指数が7~8倍ぐらい違っている。という事は当時は1枚 今の感覚からいうと1万4.5千円というところだろうか?

なるほど一般庶民が お菓子を買うように気軽に買えないのが分かる。

別の人のブログで一時期幻の名盤といわれていたジャズのアルバムが6桁半ばで落札され、ちょっと異常?という内容のものがあったが私も同感である。
マニアの世界では普通なのかもしれないが いくらなんでも… こういうアルバムはモダンジャズのLP オリジナル盤には多々存在する。

私のレコード蒐集の価格での基準は当時の定価と現代の物価を換算した時の価格の間の範疇で決めている。
すなわち2000円から15000円ぐらいだ。 アナログLPにそんな 大金を?と一般人は思うだろう。
ただ商売として成り立てている人もいるので損をしないように 中古品ながら最低限 当時の価格ぐらいは保っておきたいと個人的には考える。
入札もこの最低限価格を元に 札入れしている。

ただ余りにも アコギな価格設定は止めてほしい。完全オリジナル盤、美品、凄い音…と称して 上記のように6桁を超すような価格は どう考えてもおかしい。
需要と供給の関係でそうなるのはわかるが この価格で買う人も存在するので成り立つのだろう。 それを見越して価格設定しているといつか痛い目に合うと思う。

人の価値基準は様々なので 傍から見ると何でもないものが その人にとっては凄いもので 金に糸目はつけないほど欲しい物も存在するのであろう。

現実に購入した金額では安すぎるぐらい良いレコードもあったし その逆もあった。

何度も言うが6桁台の価格のレコードは行き過ぎだろうと思う、貧乏性のキタサンでありました。
(単なる買えない 恨み節かもしれない…トホホッ)



[PR]
Commented at 2014-07-30 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurama66644 at 2014-07-30 23:25
おーっ…VOTTA7さん こんばんは。

オリジナルばかり探していたら機器類を買うより へたしたら高くつきますね(笑)

ただ元の音源は知っておきたいと思っています。 そのオリジナルが価値があるかないかは別として。 それを基準におっしゃっているような比較が出来ると思います。

満足できるような機器、アクセサリー、チューニングによる再生の工夫はオーディオを趣味とする人達のキモの部分かと思いますが 私はまだまだです。
Commented at 2014-07-31 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kurama66644 | 2014-07-30 20:38 | オーディオ | Comments(3)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧