本当にアナログ復活の兆しなのか! パート2

パイオニアが30年ぶりに本格のターンテーブルを発売するらしい。もっともDJ用で価格も7万円台と比較的お買い得の価格設定だが…

DJ用ながら同社のブランドTADの技術を一部導入し 音楽鑑賞用にも十分すぎる能力があるらしい。

先月もこのタイトルの記事を書いたが 実際アナログの売り上げは伸びている事は事実だ。ただ販売規模が今となってはかなり小さいので前年比売上20数パーセント増といっても金額にすると大したことがないように思う。

この売り上げに貢献しているのは どういう人達なのだろうか? 若い人は興味本位で購入する人もいるだろうが ごく一部だろう。
中高年以上がほとんどだと思う。子育てが一段落し お金にもある程度余裕が出来た層のような気がする。

中古レコードショップに行っても やはり中高年が多く ウン万円もするレコードを何枚も抱えて大人買いするのをよく見かける。
ネットの発達で それなりの情報が気軽に手に入るので お金さえあれば一夜にしてレコードコレクターになる事が出来る。

コレクターには逆立ちしてもなれない私は うらやましい限りだ。

このブログでオリジナル盤の事をよく話題に出すが 単純に音質の事でいうならばオリジナルより良い再発盤やデジタル音源は多くなってきていると思う。
技術の発達で それは当然だと思う。今もオークションを眺めていたが ジャズのオリジナル盤を平気で10万、20万…と提示して おまけに「最低落札価格あり」なんてコメントしている。そんな アコギな価格設定をしていると今にデジタル音源がオリジナルを超える時が来た場合 捨て値同然の価値しかなくなってしまいかねない。

多少は高くてもいいが 法外な値段でアナログレコードの循環を鈍らせないでほしいと思っている。

それにしてもアナログ装置は場所をとる!もはや重厚長大の時代はとっくに終わって なるだけ小さく、コンパクトに そして性能も良くという時代なので やはりアナログは廃れていく運命だと思っている。良い物は後世に残るという意見もあるが より便利なものが登場し それに慣れるといくら良い物でも無くなっていくと思う。形だけ残しても肝心の音作りがデジタルで機械任せ 楽に?量産出来るようなものはわざわざアナログ機器に合わせてもしょうがない気もする。
そういえば山水が破産したニュースも出ていたなぁ~ 昔はオーディオに興味が無かったとはいえ山水の名前ぐらい知っていたし高級ブランドメーカーで憧れていた人も周りにはいたなぁ…。

話が脱線し やっかみの文章になってしまった…。少し落ち込み気味の私でした。

[PR]
by kurama66644 | 2014-07-17 22:34 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧