オリジナル盤

先日のレコードフェア―で感じた事がいくつかあったが この手のフェアーでは余りオリジナル自体 拘っている人はいないのかもしれないのでは と思ってしまった。
更にこのオリジナル盤に拘るのは ひょっとしてジャズレコードファンが多いのではないかと思っている。

クラッシックも50、60年代に多くの名演を残してきたが レコード特有のノイズというか演奏自体ダイナミックレンジが広いので静寂な時に あのパチパチノイズ等が出てきたりすると興ざめし 格段とノイズがないCDの出現を歓迎したクラッシックファンも 少なからずいたと思う。

ジャズの場合 ピアノソロでもない限り あまり静寂感は必要としない。自分の環境下では普段の生活空間の中での音楽再生なので暗騒音は仕方がない事だと思う。
レコード特有のパチパチノイズも よほど盤が傷ついていない限り ある程度容認できる範囲だと思っている。

レコードを再生する人もアナログでの再生が大事で同じアナログでも音源の違いはさほど意識せず オーディオ機器なりアクセサリー、部屋の音響などで調整しようとする人が殆どなのかもしれない。それが一般的なオーディオマニアなのだろう。

片やコレクターになると 同じアルバムでも国内外のものジャケットの装丁が違うもの レアな物等々 内容は同じでもいくつか揃えたりして満足している様子だ。

どちらでも構わないし 人それぞれ自由だ。

私は最近 某オーディオコミュで日記をアップする時 このオリジナル盤に拘った書き方をしている。

以前にも言ったが元の音源がどうなっているのか知りたく それを基準に国内外、再発盤、メディアの違い(アナログ、CD、データー配信等)を確認したいだけ。
当然 オリジナルが良い場合もあるし悪い場合もある、好きな場合もあるし、嫌いな場合もある。

オリジナルの元音源(一般視聴者が聴く事が出来る元音源という意味です)を聴く事が多くなってきて ジャズの場合 往々にして再発の頻度が多くなるほど中域が薄くなって高域や低域が強調するケースが多いように感じる。

そういう事実(自分の中で確かめた)を知った上で 機器の調整やアクセサリー、ルームチューニングをいじるのは有りだと思うが たまたま手にした適当な?音源で こんな感じのアルバムの音か!と決めつけて 下流の部分(機械やアクセサリー)をいじるのは ちょっと危険な感じがした。


偉そうにここまで述べてきたが そもそもオリジナルかどうかを見極める目や耳を養う方が今は大事なキタサンでした。

※それにしても再発盤といえども いい音のものも沢山あります。元々オリジナル盤の蒐集なんてやれるのは今やお金持ちだけです。
ただオリジナルという基準の音は知っておいた方が良さそうです。

[PR]
by kurama66644 | 2014-06-08 15:52 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧