レコードコレクター

昔 通っていたジャズ喫茶でマスターからレコードコレクターの話題が出たことがある。 コレクターは同じレコードを最低3枚は持っているケースが多いと。
1枚はもちろん聴くため、1枚は保存する為、1枚はトレード用という事らしい。 これはジャズ喫茶に通っているあるお客さんの話で マスター自体もコレクターだが流石に3枚は一部を除いて持っておらず それでも気に入った盤は2枚ぐらいは持っている事も多かったようだ、仕事柄しょうがなかったのかもしれない。

その当時はオーディオには全く興味が無かったので 用途は分かっていても なぜ同じ盤を重複して持つ必要があるのか理解に苦しんだ。

時は流れて 現在その興味が無かったオーディオ機器が家にはあり、さらにはアナログの道、そしてアナログ盤へと興味がいっている。
本当 先の事は分からないものだ。

最低3枚は持っているというのは昔の話で これからコレクターになろうとする人?は金銭的にも無理かもしれない。ヤフオクや店頭などで有名盤、希少盤など何十万円という価格の物もあり お金持ちでないと出来ないだろう。

アナログ盤を実際 手に取って見てみると材質の違いや重さ、厚さなど様々な事が分かる。私はどちらかと言うとジャケットマニア的なところがあり 音質に関しては疎い方だが それでも家の同じ装置で聴いてみると同じアルバムでも オリジナルか再発か 国内、海外、再発でも作られた年代等で結構音が違う事は分かってきた。
これはCDでも同じ事が言えるがアナログほど顕著に差がつかない。 時代背景も関係しているのだと思う。製作にお金がかけられた時代の物はシッカリしたものがあるし 製作段階で 良い物を金額度外視で作られた風潮もあったのかもしれない。 現在は製作費をいかに抑えて沢山売り 利益を上げるかと言うのが命題になっており いくら製作者 アーティストが良い物を作ろうとしても コストの壁が昔より より大きな障壁になっているのかもしれない。

昔のレコードは良い物が沢山あったよ!とオールドファンが誇らしげに部屋のレコード棚にあるものを披露している記事や写真を見たことがあるが そういうレコードマニアには興味が湧かない。 大方 ブルーノート最初の番号から順番にコンプリートで集めてるとか その類の人達が多いのだろう?

盤のセンターレーベルとジャケットの装丁などでオリジナルかどうか、いつ発売されたのかなど判断基準になる。
私は今 それらの勉強を?しているのだがヤフオクでオリジナルと称されて売買されているものでも よく見ると実際はオリジナルでないものが結構あったりする。
やはり古物鑑定ではないが ある程度の知識と感が必要だと思う。 ここまでいくとマニア認定だが コレクターにはなるつもりはない。

あくまでもオリジナルという基準があるのなら それを知った上での判断をしたいが為のもので集めても 置くスペースもない。
それと音質の面でもオリジナルが必ずしも良いとは限らない。(良い事の方が多いようだが…)
基準が見つかった事はいいことだが 相当の知識と勉強が必要だ。 こりゃ 機械の方まで手が回らない。
私にとっては その方が良いかもしれない。

[PR]
Commented by wow gold at 2014-05-31 14:55 x
Superbe wow gold de qualité irréprochable a lettre ultra rapide. @ bientot
by kurama66644 | 2014-05-11 10:47 | オーディオ | Comments(1)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧