バリレラの憂鬱

バリレラを導入してから数日が経ちました。針圧 推奨4~6gの所 普及帯価格のプレーヤーに設置、お試し状態で聴いています。
市販品の付属アームで3gまでしか対応出来ないところ このようにベテランオーディオの方からの助言で1円玉を積み重ね 針圧を調整しています。
b0323858_17204714.jpg
さらに こんなことをしなくてもウェイトの重りを調整すれば とりあえずよし!水平バランスもなんのその(笑) デジタル針圧計で確認すれば済む!と何とも豪快なご意見を承りました。 なるほどなるほど と感心しながら アナログ、オーディオ素人にはオイルダンパーのアームやら木製のオリジナルアーム等々 まだ早いということでしょう。 現時点で針圧は4.7gです。 更なる圧をかけるべく もう1枚 1円玉を乗せ 3枚重ねにしました。(結果 3枚重ねで5.7g)
b0323858_16490836.jpg
いやー 物理の実験をしているようで「実に面白い」と どこかのドラマのセリフも出てきたのもつかの間。

肝心の音の方はどうなんでしょう?

前回の軽いインプレにもあったように 実の所 多少ナロウになった感じは変わりありません。
更には低域が膨らんできたようにも聴こえます。良い意味で低域の量感が出てきたのでしょうね。ブックシェルフスピーカーの割にはドーッと出てくる。
やはりMONO音源を専用MONOカートリッジで鳴らした威力なのでしょう。

ただ これってどこかで聴いたことがある音なんです…。そうジャズ喫茶の音なのです。
自らも つい最近までプライベートジャズ喫茶「キタサン」と命名していた事を考えるとハッピーな事なのですが… あまりハッピーでも無いのです。

私はジャズ喫茶の緩い低音、膨らむ低音が嫌で プライベートジャズ喫茶なんて 従来のジャズ喫茶とは違う空間を自分の部屋で展開したかったわけで(^_^;)

かろうじて救いは スピーカーとアンプが現代のもので過度特性が優れている点です。何とか緩々にならないで結構しまった音が出ています。
アナログプレーヤーを導入して すべてビンテージにしたらおそらくもっと緩い音になっていたでしょう。この緩い音が魅力と感じる方ももちろん沢山いるでしょうからその音自体は否定はしません。好みもあると思います。

アナログ、オーディオは素人のくせに生意気な事を書きましたが ジャズの音は長年聴いていますので ここだけは ちょっとうるさく書いてしまいました(笑)

[PR]
by kurama66644 | 2014-04-13 17:15 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧