レコードクリーニング

以前からレコードクリーニングを勧められていた。ものぐさな私はあまりそのような事はしない。とは言っても針を落とす前には専用の静電気除去ブラシで軽くふき、さらにエアーダスターでシュッシュッと埃を落とす。基本的にはそれでおしまいである。

というのも購入したレコードでそれほどひどい状態の物がないし今の所さほど気にならない。これは聴いている音楽の種類にも関係すると思う、静かな音楽ではなく わりと騒がしい音楽が多いせいかもしれない。

先日購入した 西田佐知子(関口宏の奥さんです)のベストアルバムを聴いたが1曲目の「アカシアの雨がやむとき」からパチパチノイズが酷く A面、B面同じような感じだった。60年代後半のものだから ある程度仕方ないとは言え いよいよクリーニングか!ということで 早速実行してみた。
(先日 ブログにも書いた 園まりの「逢いたくて逢いたくて」も結構ノイズが多かったので同時に洗浄してみました)

最初に水道水で盤を洗い流し、そのあと台所用中世洗剤を薄め 歯ブラシで溝にそって拭く、そうして又 水洗い。立てかけて乾かす。
水道水ではなく精製水を使用とか、すぐにガーゼで水をふき取るとか 色々やり方があるらしい。

結果 園まりのEP盤は やはり汚れによるノイズが多かったのだろう、きれいに再生でき効果は上々。西田佐知子のLPは当初の酷いノイズは無くなったが やはりパチパチ音がする これはレコードの傷にもよるものだと思う、こうなれば洗浄では修復不可能で諦めだ。もう半世紀近く前の物だから致し方ない。

CDでは余り気にしなかったがアナログになると このようにメンテナンスも必要で面倒と言えば面倒である。
逆を考えると手間がかかるから愛着もわくし 大事に使おうと思うのである。これは別にアナログだけの事ではない 昨今のPCオーディオなり、ネットワークオーディオもリッピングしたデーターのインデックスを自分流に分かりやすくつけたりするのに手間がかかり苦労するらしい。

苦労した分 それが完成した暁には愛着もわいてくることだろう。なんでもそうである。

私はたまたまアナログレコードを所有しているので アナログっぽい?やりかたでメンテナンスしているだけに過ぎない。
それにしても盤がきれいになるだけで うれしくなってくるものだ(笑)

こちらが洗った 西田佐知子のアルバム。
b0323858_19430887.jpg
さすがに西田佐知子は 幼い頃でも印象になかった。私よりもう少し年上の所謂 団塊の世代の方たちにとってはアイドルだったのだろう。
最近 凝っているユーチューブで昔の西田佐知子が歌っている姿を見た。 関口宏は こんな色っぽい人をどうやって口説いたのか不思議に思った。


[PR]
Commented by mo at 2014-04-01 19:43 x
レコードを掃除するのまって、、、楽しいんですよね~
作業している時も楽しいですけれど、、、
乾燥したあと、、、再生すると、おっ!!こんなに音質が良くなっている
と感じるのも、また楽しい(*^^*)
Commented by kurama66644 at 2014-04-01 21:25
こんばんは。

基本 掃除は好きな方だと思います。
汚れも落ちて気持ちも晴れ晴れですね。

おっしゃられるように乾燥してきれいになった盤を見ると 掃除して良かったと思います。
by kurama66644 | 2014-03-31 19:50 | オーディオ | Comments(2)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧