JBLの友人

先日 30年来の友人Hさんが我が家に来てくれました。昨年10月頃近くの駅前で飲んだけど 我が家に来るのは1年ぶりぐらいかなぁ?
Hさんは私をジャズの道に導いてくれた人です。 そもそも歌謡曲やJ-POPにしか興味が無かった私は 友人のHさんに何度かジャズ喫茶に連れていかれ ロリンズやらコルトレーン、ドルフィーなど爆音の中 聴きましたが私にはチンプンカンプン? かろうじてロリンズのサキソフォン・コロッサスだけは何となく聴きやすく親しみを感じたのを覚えています。

ジャズを聴き始めの頃 Hさんのお宅に おじゃますると JBL 4311が置いてありました。アンプはラックスマン、プレーヤーはマイクロ製のものです。
Hさんは 誇らしげに4311の説明をし さらに聴きやすいようにフロントのサランネットをはずし LPを何枚か かけてくれました。
ラジカセしか聴いてこなかったのでサウンドの凄さには驚きましたが ジャズの内容も良くわからないし この音が良い音なのかそうでないのかの区別もつきませんでした。

それから20年以上経ち 私もJBLのスピーカーを手にしたのは このHさんの家で聴いた音が 心の中で蘇ったせいかもしれません。
ジャズを聴くならJBLからと言うのは ホーンスピーカー特有の前に出る音が強く それがジャズらしいところから宣伝されたのでしょうか?
私が買った 現代のJBLはクラッシックもきちんと聴ける 端正な音がしました。もちろんジャズもまともに聴けますが昔聴いた音とは違ったような気がします。

JBL自体不満は無かったのですが高域がきれいに出るスピーカー、そして広がりが出るスピーカーを模索して色々スピーカーを買い換えました。
現在はイギリスのスピーカーを使っていますが アナログでの再生をし出したので このスピーカーでもかなり押し出し感の強い音が出せるようになり満足しています。

自分にとってはスピーカーやアンプなどの機器類はもはや それほど こだわりはありません。まだオーディオを始めて7年ぐらいの若輩者が偉そうに言うのも何ですが部屋と機器の組み合わせ、音源のセレクトなどやり方によっては色々な可能性があることが分かったからです。高価な機器類の持つポテンシャルの高さは正直に認めますが使い手、部屋との組み合わせ等で間違いなく音は変わるし その労力も大変になります。自分はまだそのレベルまで達していないし そこまで追及するつもりもありません。

ただ今のスピーカーが壊れたら 初心に戻ってJBLにしてもいいかなぁと思っています。
b0323858_16274521.jpg



[PR]
by kurama66644 | 2014-03-24 20:07 | ジャズ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30