計算尺と そろばん

今の若い人は そろばんは知っていると思うが計算尺の存在は殆ど知らないだろう。

かくいう私も中学時代に少し使ったことがある程度で それ以降は殆ど使わなくなり 見る事もなくなった。
この計算尺は棒状のものや円形状のものがあり その名の通り三角関数、対数、平方根などの計算をするものである。

中学時代は確か 部活で計算尺クラブの存在もあったと思う。文系の私は扱いも苦手であった。
この計算尺とタイトルにあるそろばんに取って代わったのは電卓である。
加減乗除はもちろん関数電卓の存在は計算尺を駆逐していった。

計算尺も そろばんも 得意な奴はそれらを後生大事に扱っていた。自分の分身のようというのは少し大げさかもしれないが
なにせ これらが得意だと周囲から尊敬のまなざしで見られていたように思うし 一目置かれていた。

計算尺もそろばんもアナログだが 今後脚光を浴びる事はもうないかもしれない。
便利さ実用性からデジタル機器である電卓やパソコンが優位であるから 過去の遺物となってしまった。

先日 会った私のオーディオの師匠がアナログが衰退していったのは別に音が悪い、不満があったからではなくデジタルの便利さ、パッケージのコンパクトさなど
別の要因が高い事を言っていた。もちろん商売で売る方もコスト的な面で優位であったからであろう。

今後パッケージメディアが衰退してデーターの音楽が一般的になると アナログ機器もそろばんや計算尺のような運命になっていくことも考えられる。
いずれにしても音や音楽を聴く こちらの感性も重要で納得できなければ受け入れられないと思う。

ただハイレゾ音源やDSD高音質再生など技術が発展していけば いずれ頑固なアナログ信者も納得できる音が出てくるかもしれない。
先の事はよくわからない…

※ちなみにこれが計算尺です。 日本の竹製のものは海外でも有名でした、竹そのものの伸縮率が小さいので精度が高いという事で。
b0323858_10465536.jpg


[PR]
by kurama66644 | 2014-03-14 10:54 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧