自分だけの為に演奏してくれる

あくまでも個人的な妄想であるので軽く聞き流してほしい。

最近 思うのが自分だけの為に演奏してくれるオーディオは聴くと楽しくなってくる。

自宅でのオーディオなんだから今更何をと言わないでくれ!

これはオーディオを趣味としている人は皆思うのではないだろうか?

コンサート会場と違い そこには自分と相手(オーディオから奏でる演奏者)しかいないから当然の事?。

 

実はこの感触は今まで感じていなかった。オーディオ装置のグレードが上がったわけでは無いのだが そう感じるようになった。

 

明らかに心の持ちよう、気持ちの変化なのかもしれない。

ニアフィールド リスニングも影響があるのか より身近に聴こえる環境の方が親密になれる気がする。そうなると狭いからと言って悪い面ばかりではない。

 

広がりが少ないので確かに圧迫感があり音が飽和し易い、その欠点ばかり気にしていた。

良い面も見るようにしないと楽しくない。

 

先日話した MONO専用部屋でMONO音源をモノラルカートリッジで聴いている。

疲れるから始終聴けないと このブログでも書いたが 何のことはない 音量を下げればいいだけの事。それでも部屋の狭さを生かしMONO音源特有の分厚い音は 音量を下げただけでは鮮度は失わない。今 耳に心地よい音量で聴いている。

 

ジャズは迫力のある音で聴かないと爽快ではないのかもしれないが 必ずしもそうではない! 現に私のMONO音源専用部屋では7080dBの音でも十分迫力が伝わり 実在感がある。至福の時である。

 

すっかり自己満足 ブログになってしまった。すまん…。

※こちらは以前のプライベートジャズ喫茶「キタサン」 現在は純喫茶「キタサン」の部屋の様子。時々 居酒屋「おもてなし」に変わる。

b0323858_20134782.jpg


[PR]
by kurama66644 | 2014-02-25 20:22 | オーディオ | Comments(0)

ジャズは好きです!


by キタサン
プロフィールを見る
画像一覧